◎機材導入や人材育成など

新しくデジタル加工工房やファブスペースを立ち上げる方や、既にある工房へデジタル工作機械を導入したいといった方へ、機材の導入支援、データ作成を含む機材の操作方法から運営スタッフへのレクチャー、メニュー開発まで、環境に合わせたプログラムを用意しています。
また、3Dプリンターをはじめとした、デジタル工作機械を取り入れたワークショップを実施し、幅広い世代に対してデジタルファブリケーションの体験の場を提供しています。
デジタルファブリケーション技術を有効活用した「かたちにする技術」「共創・社会連携のマインド」「領域を越える力」をもつ、次世代の“ものづくりの担い手”を育てます。

3Dスキャナ体験会を開催しました。

福岡市科学館で活動をするデジタル工作クラブからリクエストをいただき、3Dスキャナ体験会を実施しました。(2020年10月)
ファブラボ神田錦町で使用している3Dスキャナ”EinScan-Proと、iPad着用型3Dスキャナ”iSense”を持ち込み、3Dスキャン技術を体験していただきました。

フルーツや日用品を持ち寄り、どのようにスキャンされるのか、スキャンできるものとできないものの差はどこにあるのかなど、3Dスキャンをするための基礎情報を皆で理解した時間となりました。

iSenseでは、ボディースキャンをおこない、参加者ひとりひとりの3D胸像モデルを即席で製作。クラブで使われている3Dプリンターで、3Dプリントされ飾られています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)