法人概要

「つくる」をもっと身近に。

一般社団法人デジタルファブリケーション協会は、デジタルファブリケーションツールとよばれる、3Dプリンターやレーザーカッター、UVプリンター、刺繍ミシンなどのデジタル工作機械を取扱いながら、「つくる」行為を身近にすることをめざす協会です。

3Dプリンターをはじめとしたデジタルツールを起点とする話題が、広くメディアでも取り上げられるようになった昨今の状況は、2012年の『MAKERS』の発刊が大きなキッカケであった事は、言うまでもありません。この書籍の副題「21世紀の産業革命が始まる」に込められているよう、ものづくりの世界が今まさにじわじわと変化をはじめています。

近年、さまざまなデジタル工作機械が登場しています。その特徴はさまざまですが、特にデジタル製造ならではの複雑な造形を可能にした機械や、安価で単機能を追求した機械など、アイディアの実現に合わせて、工作機械を選びやすい時代になりました。またそれらをサポートする、コンピュータアプリケーションも豊富になってきています。このような、機材やアプリケーションの拡充により、これまで専門職の領域であった「ものづくり」が、徐々に一般に開放されはじめています。

「アイディア」をすぐに現実化できる、夢のような世界が近づいているのです。
まさにこれが、21世紀の産業革命です。

◎ものづくりに取り組む人たちの裾野を広げる
◎アイディア現実化のクオリティを、より高めることを支援する

私たちは、この世界的なものづくり環境の変化に共鳴しながら、上にあげた2つの視点を持ち、プロジェクトパートナーに最適解を提案する「デジファブプランナー」として、事業に取り組んでいます。

事業概要はこちら

代表理事
梅澤陽明(UMEZAWA, Hiroaki)

理事
伊東祥次(ITO,Shoji)
広瀬郁(HIROSE, Iku)
堀江賢司(HORIE, Kenji)

設立
2013年10月11日

所在地
※2017年7月1日に次の住所へ移転しました。
03-5577-6959
info[a]digifab.or.jp ※[a]を@に変換して下さい

101-0054
東京都千代田区神田錦町3-20 アイゼンビル 2F

主な事業内容
・ファブラボ(FabLab)の運営事業
ファブラボ神田錦町(英表記 FabLab KandaNishikicho)
ファブラボ渋谷(英表記 FabLab Shibuya)
ファブラボ藤沢(英表記 FabLab Fujisawa)
ファブラボ・ベータ・馬車道(英表記 FabLab β Bashamichi)
・デジタルものづくりを中心とした企画/製作事業
・デジタルものづくり工房施設の企画/運営事業
・デジタルものづくりに関わる人材教育、講座事業

デジタルファブリケーション協会では、次の施設の企画/運営に携わっています。
・デジタル加工工房&Fab渋谷(渋谷)
・デジタル加工工房&Fab銀座(銀座)
・品川クリエイティブラウンジ(品川)
・BridgeTerminal(大崎)
・コミチカ(厚木)