◎機材導入や人材育成など

新しくデジタル加工工房やファブスペースを立ち上げる方や、既にある工房へデジタル工作機械を導入したいといった方へ、機材の導入支援、データ作成を含む機材の操作方法から運営スタッフへのレクチャー、メニュー開発まで、環境に合わせたプログラムを用意しています。
また、3Dプリンターをはじめとした、デジタル工作機械を取り入れたワークショップを実施し、幅広い世代に対してデジタルファブリケーションの体験の場を提供しています。
デジタルファブリケーション技術を有効活用した「かたちにする技術」「共創・社会連携のマインド」「領域を越える力」をもつ、次世代の“ものづくりの担い手”を育てます。

機材導入・レクチャー|横浜美術大学にform3を導入

横浜美術大学(横浜市青葉区)に、formlabs製3Dプリンター「form3」を納品いたしました。form3は液体樹脂を硬化してモデルを作成する光造形式の3Dプリンターです。高精細なプリントが出来るのはもちろんのこと、プリント中のトラブルが少ないのも特徴です。またオプション装置の「formwash」「formcure」を使う事で、安全で確実な後処理ができます。

横浜美術大学では、プロダクトデザインコースを中心に、カリキュラムの中で活用される予定です。
樹脂積層型の3Dプリンターや、大型レーザーカッター、バキュームフォーム機材などを備えており、デジタルファブリケーション設備のあらたな機材として、form3を選択いただきました。

左からform cure, form wash, form3

この機材は当社にて販売をしています。導入トレーニングだけでなく、他機材との組合せを前提としたトレーニングなど、その後の人材育成サポートもご提案しています。
導入をご検討される際には、是非弊社にもお問い合わせください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)