機材導入・レクチャー|カインズ名古屋堀田店にShopBot導入


9月13日にリニューアルオープンした「カインズ名古屋堀田店」のCAINZ工房内にShopBot(ショップボット)が導入されました。


ShopBot(ショップボット)とは:
木材などをコンピュータ上の設計データの通りに削りだせる機材です。今回導入した機材は、ShopBot PRS standard 96-48という機材で、最大加工サイズは、ホームセンターで売られている木板の一般的なサイズ(サブロク板)です。


当社における、メーカーボット導入サポートについて:
機材の購入から設置、トレーニング、サービス開発まで一貫して、機材の導入をサポートしています。
ShopBotは米国メーカー製品のため、購入手続きから機材のマニュアルまで全て英語です。日本でShopBotを導入する最初のハードルは、加工にまつわる技術ではなく「英語との格闘」といえるでしょう。その点から、当社で一括してお請けしています。また、以前は船便で輸送していましたが、着荷が天候に左右されるリスクもあるため、最近は空輸の利用もご提案しています。

▼導入にあわせてのメニュー開発やサービスフロー開発なども、ご相談ください。

カインズ名古屋堀田店では、ものづくり経験の有無を問わず、つくることを楽しめる場所になるよう、ワークショップなどのイベントが企画されています。詳しくはCAINZ工房のHPをご覧ください。

◎CAINZ工房
http://www.cainz.co.jp/diy_style/factory/
◎カインズ名古屋堀田店
https://map.cainz.com/map/764

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)