製作事例|Sputniko! アートオークション出品作品製作協力

現代アーティストSputniko!さんの作品「ムーンウォーク☆マシン、セレナの一歩」が、2021年10月30日に開催されたアートオークション「NFT in the History of Contemporary Art: a Curated Sale by Hiroki Yamamoto」にて出品されました。
SBIアートオークションが主催する、国内初の「NFTアート」を扱うオークションで、映像作品など8つのNFT作品が出品されました。
Sputniko!さんの作品は今回最高額の839万5000円(落札手数料込み)で落札されました。


弊社では、その作品内に出てくるムーンウォークマシンを、フード3Dプリンター”Procusini5.0″でチョコレートを材料にプリントし、デモンストレーションプロダクトを製作しました。

Procusini5.0でのフード3Dプリントではサポートをつけることができないため、隙間や中空部分の多い元のデータのままでは、チョコレートによるプリントが困難でした。
弊社でのプリント試作結果を踏まえ、N&R Foldings Japan Co., Ltd.によりチョコレートプリントに適した3Dデータの設計が行われ、タイヤや本体など、細かくパーツ分けしてから3Dプリントを行いました。
チョコペンを使用してパーツ同士を接着することで、この複雑で印象的なムーンウォークマシンのチョコレートモデルが完成しました。

パーツ接着作業の様子

オークションでの作品カタログページは以下リンクをご覧ください
NFT ART AUCTION 「ムーンウォーク☆マシン、セレナの一歩」


弊社はこの食品用3Dプリンター「Procusini5.0」の正規販売代理店です。機材や材料の販売、導入トレーニングのほか、今回の事例のような製作相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

過去のProcusini5.0紹介記事はこちら↓
【Studies】食品用3Dプリンター「Procusini」レビュー
食品用3Dプリンター「Procusini5.0」導入レポート

Procusini公式サイト↓
https://www.procusini.com/

日本経済新聞 11月15日掲載記事↓
国内初NFTアートのオークション スプツニ子!が最高額

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)