◎機材導入や人材育成など

新しくデジタル加工工房やファブスペースを立ち上げる方や、既にある工房へデジタル工作機械を導入したいといった方へ、機材の導入支援、データ作成を含む機材の操作方法から運営スタッフへのレクチャー、メニュー開発まで、環境に合わせたプログラムを用意しています。
また、3Dプリンターをはじめとした、デジタル工作機械を取り入れたワークショップを実施し、幅広い世代に対してデジタルファブリケーションの体験の場を提供しています。
デジタルファブリケーション技術を有効活用した「かたちにする技術」「共創・社会連携のマインド」「領域を越える力」をもつ、次世代の“ものづくりの担い手”を育てます。

FUSEにShopBot, Form3を導入

FUSEにShopBot, Form3を導入

浜松いわた信用金庫とImpact Hub Tokyoが手がける新たなスペース”FUSE”に、大型CNCルーター「ShopBot」と光造形3Dプリンター「Form3」の導入をサポートしました。

浜松市の中心市街に位置する商業施設、ザザシティ浜松の地下1階に、スタートアップをターゲットにした新たなスペースが生まれました。コミュニティ機能に重点をおいた創業支援というテーマのもと、”Co-startup Space & Community”という副題を掲げているFuseは、オフィススペースだけでなく様々なファブリケーション機材を揃えた工房や、テニスコートほどの大きさのイベント会場、飲食系スタートアップのためのトライアルキッチンなど、様々な設備が整っています。

昨今のコロナ禍の影響により、残念ながら見学会やプレオープンなど予定されていたイベントは延期となりましたが、早々に「新型コロナ対策のための起業家支援」として起業家へのヒアリングやリサーチを始められ、現在はオープンハウスという形で7月末まで施設を開放しています。

Co-startup Space & Community Fuse
Co-startup Space & Community Fuse(Facebookページ)

工房には弊社が導入サポートしたShopBot、Form3のほかに、ATC付きミリングマシン(Roland DG MDX-540)、レーザーカッター(Trotec Speedy300)、UVプリンター(Roland DG LEF2-200)、3Dプリンター(Raise 3D Pro2 Plus)などのデジタルファブリケーション機材から、ボール盤や各種ハンドツールといったアナログツールまで、本格的な工房設備が整っています。

ShopBotの設営中に撮影した、タイムラプス映像を公開しました!
導入をお考えの方は、設置の様子をご参考ください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)