◎機材導入や人材育成など

新しくデジタル加工工房やファブスペースを立ち上げる方や、既にある工房へデジタル工作機械を導入したいといった方へ、機材の導入支援、データ作成を含む機材の操作方法から運営スタッフへのレクチャー、メニュー開発まで、環境に合わせたプログラムを用意しています。
また、3Dプリンターをはじめとした、デジタル工作機械を取り入れたワークショップを実施し、幅広い世代に対してデジタルファブリケーションの体験の場を提供しています。
デジタルファブリケーション技術を有効活用した「かたちにする技術」「共創・社会連携のマインド」「領域を越える力」をもつ、次世代の“ものづくりの担い手”を育てます。

【ShopBot導入レポート】京都大学

【ShopBot導入レポート】京都大学

京都大学工学部建築学科に、ShopBot Desktop MAXを納品設置しました。

建築学科に在籍する3,4回生の作業机が並ぶ広いスタジオの一角に、ShopBot Desktop MAXが新たなツールとして加わりました。作業机の上には学生が制作した建築模型などが並び、ShopBot Desktop MAXの隣にはTrotec社製のレーザーカッターもありました。

ご担当の安田助教は「設計だけでなく実際につくる文化を学科内で育みたい」という想いのもと、機材を導入されました。ShopBotを設置したスタジオには、建築模型の材料になるであろうスタイロフォームやスチレンボード、バルサ材などがあちらこちらに見受けられました。実測値に基づいた地形図の削り出しなど、建築模型の制作を中心に学生の利用が期待されます。3×6板のおおよそ1/3の加工面積をもつDesktop MAXは、一般的な建築模型のスケールに適したサイズの機種です。

ShopBot Desktop/Desktop MAXのシリーズは、工場でほぼ組み上げられた状態で出荷されるため、大型機に比べて短時間で設置できます。上の動画は、取り付け済みのMDFの捨て板を「平面出し」している様子です。スタイロフォームなどは平面出ししたMDF板に両面テープなどを用いて固定します。木材はMDFに直接ネジ止めして固定することもできますが、MDF板の下に見えるアルミ製ののTスロットを使ってクランプすることもできます。


弊社はShopbotの正規代理店です。
お問い合わせは随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)