◎デジタル工房の企画/運営/コンサルティングなど

デジタルものづくり工房、ファブスペースの企画から運営まで一貫して行います。豊富な専門知識とクリエイティブなマインドで店舗運営を行うと共に、シーズンや用途に合わせたオリジナル商品開発をご提案しています。企業内工房、店舗、公共施設など運営形態もご相談ください。このページでは、弊社が運営する各拠点の取り組みをご紹介します。

施設紹介 | コミチカ

弊社が運営をサポートする施設の一つ「コミチカ」をご紹介します。

ソニー厚木テクノロジーセンター(以下、厚木テック)のコミュニケーションプラザ、その地下1階にある”コミチカ”は、厚木テックで働くソニー社員の方が日々の業務ではできない「Try」を「失敗を恐れずに、まずは(気軽に)試してみよう」という意味を込められて作られました。

そんなコミチカの一角にある工作スペースには工具や木工機械に加え、3Dプリンタやレーザーカッターなどのデジタルファブリケーション機器を多数備えています。

コミチカでは「交流」と「ものづくり」の双方を促進しており、スペース全体が「コミュニケーションスペース」と「ものづくりスペース」に分かれています。コミュニケーションスペースでは打ち合わせや作業利用ができ、大型のプロジェクターや配信設備が備えてある他、多数の書籍や雑誌類も取り揃えてあります。

様々な用途で使用できるコミュニケーションスペース

工作スペースでは各種デジタルファブリケーション機器や木工機械の利用以外にも、工具類を使っての作業利用なども行われています。

デジタル工作機器やハンドツールが充実する工作スペース

コミチカ全体として自由に出入りができる構造となっているため、コミュニケーションスペースでは長時間作業をされている方以外にも休憩や見学などで流動的に利用されていることが多く、工作スペースを見学されている方も多く見かけます。
また、コミチカでは工作機械の他にもデジタルビデオカメラやデジタル一眼カメラといった撮影機器、センシングPoCキット、Raspberry Piなどの貸し出しも行われており、利用者の多岐にわたる活動のサポートを行っています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)