digifab school for students !!|a.schoolの皆さん


はじまりの学校a.schoolのプログラム「MAKERS 〜自分の本当にほしいものをつくりだそう〜」に、ファブラボ神田錦町が協力しています。
このプログラムでは、ものをつくるとは?という導入を経て、自ら設計図を描き、プロトタイピングをし、展示会を開き、最後にふり返りをするまでを小・中学生の生徒さんがおこないます。ファブラボ神田錦町では、デジタルファブリケーションとはどんなものか、どういうことができるのかを知ってもらい、ものづくりパートをサポートをします。

初回は、デジタルファブリケーションを体感する内容です。
梅澤が、このラボで起きているデジタルファブリケーションの状況や、未来のものづくりがどんなものになっていくかを、これまでの仕事で作った試作品や関連する書籍などの資料を交えながらお話しました。そして、3Dプリンターのデモンストレーションやレーザーカッターを使ったキーチェーンづくりを体験してもらいました。


白い紙に黒いペンで書いたa.schoolロゴを、レーザーカッター用のデータへ変換し加工します。

初夏には、生徒の皆さんが書いた設計図を元にファブラボでものづくりを行います。
どんなアイディアが飛び出してくるか今から楽しみです。

<つづく>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)