ジェネレーティブデザインの取組み

ファブラボ神田錦町では、自主プロジェクトとして「ジェネレーティブデザイン」の設計手法、製造手法の開拓に取り組んでいます。3Dプリンターなどのデジタルファブリケーション技術と、既存の製造技術を組み合わせる方法をとり、高額で高精度な業務用3Dプリンタ以外でのジェネレーティブデザインモデルの具現化にトライしています。

応用第1弾として、次世代型車椅子・パーソナルモビリティ「whill」の一部パーツを、ジェネレーティブパーツとして、アルミ鋳造いたしました。

関連ニュース;
WHILL が最新テクノロジーで追求する次世代のパーソナル モビリティ

現場で使える機能としての成熟目指すジェネレーティブデザイン、Autodeskが提案

AutodeskとWHILLはジェネレーティブデザインを活用して電動車椅子の軽量化を実現

このプロジェクトでは、プロジェクトメンバーを随時募集しています。「モデルを具体化してみたい」「この技術使えないかな?」など、ぜひお声がけください。

→→→お問い合わせはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)