3Dプリント用データ公開サイトのご紹介

3Dプリントを使って、宇宙を楽しんでみませんか?
今回ご紹介するのは、“NASA 3D Resources”
その名の通り、このサイトには、宇宙関連のデータがさまざま公開されています。

Screenshot

メニューの「3D Printing」を選択すると、3Dプリント用のデータライブラリがひらきます。この中から「火星探査機ローバー(Curiosity Rober)」を出力してみました!

Screenshot

データはこの「Curiosity Rober」のページからダウンロード。ページ下部にある、ダウンロードリンクをクリック。

このデータは、4つのSTLファイルで構成されていて、それぞれをプリントアウトしてから組合せる仕組みです。

ボディーのモデルを、MakerBot Printで開いたところ。
なんと、3Dプリント中にボディーが反らないよう、図中の赤丸で示すように「反り留め」がモデリングされています。

▼他のパーツもみてみましょう。

これは、接合ピントホイールのモデル。あらかじめ、3Dプリントベッドを想定して、モデルが最適に配置されています。STLデータを読み込むだけで、この状態です。
こちらにも、図中の赤丸で示すように「反り留め」がモデリングされています。ちなみに、このちいさなパーツは、各モデルの接合ピンです。

▼さっそく、火星探査機ローバーの各STLファイルを出力。

▼接合には、ちいさなピンパーツを使います。一部パーツの勘合がきつかったため、ルーターを使って整えました。

▼全てのパーツを組み合わせて完成です!

3Dモデリングすることなく、公開されているデータを出力するだけで、このように楽しむことができます!良質な3Dデータですので、出力サンプルとしてディスプレイするのもお勧めです。
まわりにある3Dプリンタを使って、宇宙に思いを馳せてみませんか。

NASA 3D Resources

NASA 3D Resources

ページ内では3Dデータの他、イメージ画像やテクスチャ等が公開されています。
また、ムーントレッキングができますよ!

▼宇宙船オリオンも出力してみました
“orion_capsule from NASA”

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)