訪問記|ミユキアクリル

ここは、レコードショップ!?
いえいえ、ここは「アクリルショップ」です。

アクリルの加工、製作、アクリル板販売をおこなう、ミユキアクリル(株式会社三幸)を訪問してきました。デジタルファブリケーション界隈でも広く知られた会社です。既に訪問した方も多いのではないでしょうか。

東京都足立区にあるこの会社は、1970年に彫刻所としてスタートしたそうです。レーザーカッターやUVプリンターでの加工で馴染みあるアクリルを取り扱って、設立から40年以上が経ちます。自社の工房でうみだされたさまざまなアクリルを販売する「東京アクリル」というショップを開所しており、そのショップの様子は冒頭の写真の通りです。ここでしか出逢うことのできないアクリルがズラッと並んでいるこのお店には、北海道や九州など遠方から買いものに来る人たちも珍しくないそうです。

ショップには、さまざまな色、模様、質感のアクリルが、まるでレコードショップかのように並んでいます。レコード盤と同じサイズにカットされたアクリルは、そのまま飾るのもお勧めとのこと。

▼他にも、ハガキサイズや名刺サイズの大きさにカットされたアクリルが並んでいます。


この中から、お気に入りのアクリルを探すのは、まるで宝探しのよう!
板厚もさまざま。自分の加工イメージにピタッとくるアクリルを、じっくり探せます。ここに並んでいるものの中には年代物もあるそうで、時の経過と共に深みを増したアクリルの雰囲気を楽しんでください。


事前予約をすることで、このショップでの買いものができます。
詳しくは、オフィシャルサイトの予約ページを確認ください。

◎オフィシャルサイト(東京アクリルのページにつながります)
https://www.miyukiacryl.tokyo/miyukiacrylgallery

◎関連ブログ
以前、2014年頃にも当社スタッフが訪問しています。その時の訪問記もご紹介します。
工場内部を見学させていただきました。
ミユキアクリル訪問記《Kasai ver.》2014年の記事
アクリル工場にいってきた《Matsuda ver.》2014年の記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)