ミユキアクリル訪問記《Kasai ver.》

 Happy Printersさん企画のアクリル板工場見学に、FLS井上さん、&Fab松田さんと一緒に参加させていただきました。場所は、北綾瀬駅から徒歩5分ほど歩いたところにあります。私は、趣味でレーザーなどのデジタル加工機械を使ってアクセサリーや小物、雑貨を作っています。アクリルは作品を作る上で私にとって重要であり、そして大好きな素材の一つです。今まで出会ったことのないアクリル板、加工技術、機材、アクリルの職人さんに出会えることに期待して、このツアーへの参加を希望しました。


 現地に到着した際、ミユキアクリルのスタッフの皆様が温かく出迎えてくださいました。最初にお邪魔した部屋にはレーザー彫刻機がずらーっと並んでいました。レーザーが大好きな私にとってそこは夢の様な空間でした。

 最初に工場見学と聞いたとき、小学校の頃に経験した工場見学を思い出し、おかたいイメージがありましたが、想像を覆されました。最初から賑やかで、とても楽しかったです。見学の流れとしては、まず3班に分かれ、それぞれ順番にレーザー加工 → NC加工 → アクリルサンプル展示室を見て回りました。レーザーは、いつも&Fabで使っているUniversalではなくtrotecでした。動きのスピードがとても速いのが印象的でした。

IMG_8355 2

 隣の部屋ではNCで実際に加工しているところを見させていただきました。左右には、横についているアコーディオンのようなものが伸縮して移動し、前後にはメダルゲームのように重なった部分がスライドして動きます。この機械を使うと角が丸みをおびた彫刻ができます。

 次に何千種類もあるアクリルを紹介していただきました。不透明カラーのもの、半透明のもの、ロ トーン、マーブル、ラメアクリル、布入りアクリル がありました。他にもレースやデニムを挟んだもの、アクリルの破片がたくさん入ったもの、どれも綺麗で魅力的で普通は手に入らないものばかりでした。

IMG_8341 3

 中でも綺麗で私好みだったのが、このうすピンクと紫とホワイトのマーブルで、それだけでもかわいいのに、少しだけラメが入っていて、さらにかわいさを増していました。(図6)こんなアクリル板、今までどこを探しても見つからなかったので、とても感動しました。カラーのアクリルでも、無地のものと違って布やマーブルなどは、部分部分によって模様や色が変わってくるので、他の店頭には置かず、実際に見に来てもらっているそうです。味があっていいなと思いました。

IMG_8365 1

とても工場とは思えないほど、あたたかくて楽しくて、魅力的な現場でした。あのサプライズは忘れられません。今日学んだことをタネに、これから素材や加工について考えていきたいと思います。私自身もこれから先、ミユキアクリルさんのように明るく元気な現場で、ものづくりができたらいいなと思います。

このような貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

(KASAI, Misato)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)