ハゲタカ外伝 スパイラル

真山仁氏の小説「ハゲタカ外伝 スパイラル」の取材協力をしました。今回のストーリーでは、「ファブラボ」が鍵を握ります。

企業買収の壮絶な舞台裏を通じて資本主義の本質を描き大ヒットした、経済小説『ハゲタカ』シリーズのひとつです。

【あらすじ】
2007年9月、東大阪の中小メーカーマジテック創業者にして天才発明家の藤村登喜男が急逝する。通称“博士”の彼こそ、芝野健夫に事業再生家として歩むきっかけを与えた恩人だった。芝野はマジテックを救うべく、大手電機メーカー・曙電機から転じて奮闘する。しかし、後継者問題やクライアントからの締め付けなど、モノづくりニッポンを下支えする町工場に降りかかる難題と、自己の利益を優先する金融機関の論理に翻弄され、苦境の渦に飲み込まれていく。再生浮上のきっかけをつかんだと思った矢先、リーマンショックが発生。想定外の余波に襲われ、絶体絶命のピンチに陥る。捨て身の最終戦を前に、鷲津をも巻き込んで、芝野は決死の反撃を決断する――。
(amazonより転載)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)