くらしに、ららら。カインズ鶴ヶ島店に「CAINZ工房」誕生!

DSC04542

2015年4月15日(水)、カインズ鶴ヶ島店にCAINZ工房がオープンしました。
『「商品を買う」場所から「楽しい時間をすごす」場所へ』というテーマが掲げられた全館リニューアルに併せて、「自分でつくる」をサポートするこの工房が新設されました。
ファブラボ渋谷ではこれまでの活動を基に、FABマインドのレクチャーや機材オペレーション、心がまえ等、工房運用に関する基本部分についての教育プログラムを、関係スタッフ向けに展開しています。

この工房は、従来のオーダー型の木材加工機能の「拡張版」です。より自由度の高い制作をサポートすることをめざし、さまざまな機材が用意されています。
(設置機材一例)
木工用バンドソー、スピンドルサンダー、テーブルソー、ジョイントカッター、溶接ルーム、ペイントルーム、レーザーカッター、3Dプリンター、Shopbotなど

DSC04531

広いスペースに、(とても使いやすそうな)工作台が並びます。この工作室はどなたでも使える工作室です。電源完備、エアー完備、無料貸し出しの工具もあるそうです。

▼デジタル機材が設置されている”Digital Fab Studio”

DSC04552

このstudioには、レーザーカッター(trotec)や3Dプリンター(MakerBot)などが設置されています。
現在はデジタルツールの自由利用は不可。用意したメニューからの加工選択のみ受け付けています。順次開放される予定ですが、自由利用にはいくつかの条件がございますので、自由利用を考えられている方は、工房へお問い合わせください。

▼ペイントルームと溶接ルーム

DSC04527

水性塗料専用のペイントルーム。広々しています。
また、その隣にあるのは溶接ルーム。事前に工具講座の受講が必要です。

▼オープニングからDIY styleは盛況です

DSC04584

従来からいくつかのカインズで展開されているDIY教室「DIY style」も初日から盛況です。バラエティに富んだメニューが用意されていて、短時間カリキュラムの中で、DIYのコツを学ぶことが出来ます。

▼大型CNCルーター(Shopbot)が導入されます

DSC04332

湘南ラウンジ-FabSpace-にも導入しているShopbot。3×6板に対応した大型機が導入されます。
ホームセンター初導入!なのですが、この記事を書いている現在は出荷手続き中。早ければ、6月には始動する計画です。
※写真は、多摩美術大学設置の同等機材

DSC04538

▼CAINZ x FabLab Shibuyaによる商品開発の取組みもスタートします

DSC04496

お客さまの”DIY”を商品側からもご提案。ツールの組み合わせやデジタルの利点を考慮した商品の開発にも取り組んでいます。ファブラボらしく、ひとりのものづくりではなく、”Do it with others”が実現できるような商品をめざします。順次公開予定。

▼レクチャーの様子

DSC04021

Cainzスタッフの機材レクチャーを担当している井上です。
いよいよ日本のホームセンター界にメイカースペースができて、立ち上げのお手伝いができたことを嬉しく思います。

これまで色々なホームセンターに足を運んできましたが、Cainz鶴ヶ島店のクラフト材の充実ぶりには驚きました。建築資材を扱うホームセンターは少なくないですが、ややベクトルの異なるクラフト材については品揃えが薄い印象をもっていました。目の前に豊富な材料があり、アナログとデジタルをバランス良く交えた工作環境が整っていて、非常にポテンシャルの高いメイカースペースになっていると思います。

都心からはやや離れますが、是非そのポテンシャルを感じて、実際に手を動かしてものづくりに励んでもらいたいですね。

井上恵介

関連リンク

時間消費型商業施設トライアル 1 号店として 4/15(水)リニューアルオープン
「商品を買う」場所から「楽しい時間を過ごす」場所へ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)